ワード

ワードで文字を真ん中に配置|記号や番号・均等割り付けなどのボタンを詳しく解説

Word段落グループ

Word(ワード)で文書作成をするとき、入力した文字に色をつけたり書体を変えたりと編集をしていきます。

さらに、文字の配置を変更したり、行間の変更したりすることで、より見栄えの良い文書を作成することができます。

フォントグループアイキャッチ画像
ワードで文字を大きくする・色を変える・書体を変更するための編集ボタンを解説 入力した文字は、色やサイズを変更したり、読みにくい漢字にふりがなをつけたりと、文字を編集することで見栄えの良い文書を作成すること...

 

そこで今回は、

文字の配置・記号、番号の付け方・インデントの設定など 段落の編集方法を詳しくお伝えします。

 

Wordで文字の位置などの設定をする「段落」グループ

文字の配置などの編集をするには、「ホーム」タブの「段落」グループで操作をします。

「段落」グループは、段落に関する設定・編集をする機能が集まったグループということになります。

下記より、「段落」について説明をしたのち、「段落」グループ内の書式設定をするための各ボタンの名称と、機能について解説していきます。

 

編集ボタンが小さくて困る場合はコチラのページを参考にしてください

リボン拡大
編集ボタンを大きくしたい! ワード や エクセル の「リボン」の表示を大きくする方法【Windows10】 Word(ワード)やExcel(エクセル)の編集ボタンが詰まっている「リボン」 表示が小さくて操作を不便に感じたこ...

 

初心者ならここだけ知っていれば大丈夫!

初心者の方が、はじめからたくさん覚えようとすると大変!

とりあえず、ここだけ知っていればそれなりの文書が作れるという機能をまとめました。

下記ページを参考にしてください

Word段落group5つの機能
ワードで文字の位置が整う5つの機能|初心者基礎 文字の書体やサイズ、そして色を変更することで文書の見栄えはずいぶん良くなります。 しかし、それだけでは文書の見栄え的にはあ...

 

Wordの「段落」とは

おかっぱちゃん
おかっぱちゃん
そもそも「段落」って何?

 

文字入力で次の行に移動したいときには、Enterキーを押して改行をします。

この改行したときに表示される記号を「段落記号」といいます。

Word(ワード)で文字入力をするとき、そのまま文字を入力し続ければ、自動的に余白で折り返って次の行に文字が入力されます。

上記画像では、段落記号が2つついています。

文の先頭「ニュースレター・・・」から「・・・適しています。」までを一つの文のまとまりとし、ここまでが1段落となります。

そして、「日常生活、・・・」から「・・・写真も載せることができます。」までを一つの分のまとまりとし、2段落目となります。

 

4行入力されているから4段落ではない

段落記号の数で段落は数えること

 

つまり、Enterキーは、「行を変えるもの」ではなく「段落を変えるもの」と理解してください。

「段落」グループにある各ボタンは、この段落記号に対して設定を行うボタンということになります。

Wordでの基本的な設定は、「段落」に対して設定するのか、あるいはその段落内の一部の「文字(フォント)」に対して設定するのかでかなり違ってきます。

「段落」について知るということは、文章を編集する上ではとても重要なことになります。

考え方は作文と同じです!

作文を書くときには、ひとつの話の内容が続いてるうちは文字を書き続けますよね。
そして話の内容が変わるときに、どんなに文字の下にマス目が残っていても、次の行の先頭から文字を書いていきます。

Word(ワード)での「段落」は、この作文の考え方と同じということになります。

話の内容が変わるときに、【Ener】キーを押し段落をつけます。

 

Wordで文字の配置を変更したい

「左揃え」「中央揃え」「右揃え」で、文字の位置を変更することができます。

 

位置を変更したい段落を選択し、移動したい位置のボタンをクリックします。
※何もしなければ自動的に左から入力されます

  • 用紙の左端に移動したい場合 →「左揃え」
  • 用紙の真ん中に移動したい場合 →「中央揃え」
  • 用紙の右端に移動したい場合 →「右揃え」
ちめも
ちめも
「段落記号」が移動していることが確認できますね

 

Wordで文章を両方の端に揃えるボタン

「両端揃え」は、Word(ワード)が自動的に文章が両方の端に揃うようにレイアウトを整えてくれる機能です。

長い文章の場合に、文章の右端を整えたい場合に使います。

Word(ワード)は初期設定で「両端揃え」になっていますので、このボタンは自分で設定をする必要はありません。

画像のように、常に色のついた状態でOKです。

「左揃え」と「両端揃え」の違いは?

「両端揃え」は、Word(ワード)が自動的に文章が両方の端に揃うようにレイアウトを整えてくれる機能ですが、「左揃え」は、用紙の左端に揃えます。

 

Wordで文字列を均等に配置したい

「均等割り付け」で、選択した文字列を均等に配置することができます。

 

「均等に揃えたい文字を選択」→「均等割り付け」をクリックし幅を指定

 

指定した幅がキレイに揃います

 

Wordで行間を変更したい

「行と段落の間隔」で、選択した行や段落の間隔を変更することができます。

「行と段落の間隔」の「▼」をクリックすると、数字が表示されますので、好きな間隔に設定することができます。

 

 

 

さらに詳細な行間の設定についてはコチラのページを参考にしてください

Word行間
ワードで行間を狭くする方法|広がった行間を詰める3つの手順 「文字のサイズを大きくしたら行間も広がってしまった」 「フリガナをつけた行だけ行間が広くなってしまう」 「文字は大きくしたい...

 

Wordで文章の先頭に記号や番号をつけたい

「箇条書き」と「段落番号」で、選択した行の先頭に記号や数字を表示することができます。

 

●箇条書き → 選択した段落の行頭に記号を付けます

 

●段落番号 → 選択した段落に番号を振ります

 

Wordで記号や番号を階層で表示したい

「アウトライン」で、階層構造になったリストを作成することができます。

 

 

Wordで長さの違う文章を真ん中に表示したい

「インデント」で、長さの違う文章を中央に配置しているように見せることができます。

「インデント」を直訳すると

「イン」=「中」
「デント」=「くぼみ」

という意味になります。

つまり

「インデント」=「中にくぼませる」

という意味になります。

 

選択した段落を内側にくぼませます。

「インデントを減らす」選択した文字列の段落を、1回クリックで1文字分左へ移動
「インデントを増やす」選択した文字列の段落を、1回クリックで1文字分右へ移動

 

箇条書き部分を用紙の中央に配置したい場合に「中央揃え」で設定すると、文字列の長さが同じではないため、中央には揃うがバラバラに配置されてしまいます。

そこで「インデントを増やす」を使い長さの違う文字列の段落を、複数行まとめて右側にくぼませていき、用紙の中央に揃ったように見せます。

 

Wordで文書内の文字レイアウトを変更したい

「拡張書式」では、日本語のレイアウトを設定するための機能が用意されています。

 

文章を縦書きにしたのに数字が横になって困る

おかっぱちゃん
おかっぱちゃん
文字列は縦書きになったのに、数字が横向きになっちゃった

 

こんなときは「縦中横」で数字が縦になるように設定をします。

●縦中横
選択したテキストを横書きに変更し、その他のテキストは縦書きのままにします。

①「縦中横」→②「文字を選択」→③「OK」

 

はんこみたいに文字を小さくして1文字にまとめたい

「組み文字」で、最大6文字まで小さくして1文字にすることができます。

●組み文字
最大6文字までを、1文字として組み込みます。

①「組み込み文字」→②「対象文字列を入力」→③「フォントを指定」→④「OK」

 

文字列を小さくして2行に表示したい

「割注」で、選択した文字列を小さくして2行に表示することができます。

●割注
選択した文字列を2行に表示させます。

①「文字列を選択」→②「割注」→③「括弧で囲む」→「OK」

 

文字列を横長やキュッと縮小して表示したい

「文字の拡大/縮小」で、選択した文字列を横に拡大したり、キュッと内側に縮小することができます。

●文字の拡大/縮小
選択した文字列を拡大、または縮小します。

①「文字列を選択」→②「文字の拡大/縮小」→③「○○%を選択」

 

Wordで五十音順や数字の小さい順などに並べ替えたい

「並べ替え」で、選択した内容を五十音順、または数値順に並び変えることができます。

選択した内容を五十音順、または数値順に並び変えます。

  1. 並べ替えたい内容を選択」
  2. 「並べ替え」をクリック
  3. 「最優先されるキー」「種類」「並べ替えの単位」「昇順・降順」の設定をします
  4. 「OK」をクリック

※五十音順に並べ替えました

 

Wordでスペースの記号を表示させたい

「編集記号の表示/非表示」をオンにすることで、「段落記号」や「スペース」などの、書式設定記号を表示することができます。

※「段落記号(↲)」は、初期設定で表示されるように設定されています

ちめも
ちめも
記号が表示されていると、編集がしやすくなります

 

Wordで文字列の背景を塗りつぶしたい

「塗りつぶし」で、選択した文字列や段落、表のセルの背景に色を塗ることができます。

選択した文字列・段落・表のセルの背景に色を塗ります。

 

Wordで文字列を線で囲みたい

「罫線」で、選択した範囲に罫線を追加したり、削除することができます。

選択した範囲に罫線を追加したり、削除したりします。

 

 

まとめ

文字の配置・記号、番号の付け方・インデントの設定など 段落の編集方法を詳しくお伝えしてきました。

文章の編集をするには、段落を知ることがとても大切です。

全ての編集ボタンを覚える必要はありませんが、段落についてだけはしっかり理解することをおすすめします。