日替わりで毎日お得!Amazonタイムセール ▶CHECK!

【Chrome/edge】WebページのQRコードを作る方法 アプリはつかいません

ChromeとedgeでQRコード作成のアイキャッチ画像
  • URLをコピーしました!

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

「Chrome」や「edge」では、Webサイトのページを簡単にQRコード化することができます。

もちろんアプリは使いません!

  • チラシにQRコードを掲載したい
  • 名刺にホームページのQRコードものせたい

など、様々なシーンで利用できるので便利です。

そこで本記事では、「Chrome」と「edge」でWebページのQRコードを作る方法を紹介します。

ちあき

作成手順は同じですが、QRコードの見た目が違うので、2通りの手順で解説します。

目次

【Chrome】でWebページのQRコードを作る方法

【Chrome】でWebページのQRコードを作る手順を紹介します。

①Chromeで開いたWebページ上で右クリックをします。

Webページを右クリック
ちあき

右クリックをする場所はどこでもOKです。

「このページのQRコードを作成」をクリックします。

③QRコードが作成されるので、「ダウンロード」をクリックします。

④Chromeで作成したQRコードがダウンロードされます。

【edge】でWebページのQRコードを作る方法

【edge】でWebページのQRコードを作る手順を紹介します。

①edgeで開いたWebページ上で右クリックをします。

ちあき

右クリックをする場所はどこでもOKです。

「このページのQRコードを作成」をクリックします。

③QRコードが作成されるので、「ダウンロード」をクリックします。

④edgeで作成したQRコードがダウンロードされます。

「Chrome」と「edge」のQRコードの違いは見た目

冒頭でもお伝えしていますが、「Chrome」も「edge」も作成手順は同じです。

違いは見た目。

Chromeの方は中央にイラストが表示されます。

一方edgeの方は、完全無地のQRコードが作成されます。

ちあき

個人的には完全無地のedgeが使いやすくておすすめです。

おわりに

「Chrome」と「edge」でWebページのQRコードを作る方法を解説してきました。

作成したQRコードはダウンロードして自由に使うことができます。

わたしの場合は、この方法で自分の名刺にWebページのQRコードを記載しています。

ちあき

中央にイラストが表示されない点で、edgeの方で作成しました。

アプリを使わず簡単に作成できるので、ぜひご活用くださいね。

ChromeとedgeでQRコード作成のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次