エクセル

【Excel】エクセルでプルダウンリストを設定する2つの方法と、プルダウン解除方法

エクセルでプルダウンリストを設定する2つの方法と、プルダウン解除方法をお伝えします。

Excel(エクセル)で決まったリストの中から選択をして入力する「プルダウンリスト」が自分で作れたら便利ですよね。

特に仕事上では、よく利用することかと思います。

見た目ほど難しくない操作なので、作り方を知って使いこなせるようにしておきましょう。

この記事でわかること
  • エクセルのプルダウンリストとは
  • リストの元になるデータを作成してからプルダウンリストを設定する方法
  • リストの元の値を直接入力してプルダウンリストを設定する方法
  • プルダウンリストを解除する方法

Excelのプルダウンリストとは

おかっぱちゃん
おかっぱちゃん
プルダウンリストって何?

 

プルダウンリストとは、「▼」をクリックするとリストが表示され、選択することで入力できる仕組みのことをいいます。

 

インターネットショッピングなどでは定番の、都道府県や性別などを「▼」をクリックするとズラズラと表示されるアレです。

都道府県では「▼」をクリックすると47都道府県が表示され、その中から自分の住んでいる地域をクリックすると決定できます。

 

プルダウンリストを作ることで、

  1. 入力の間違えを防ぐことができる
  2. 統一した書式で表示することができる
  3. リストから選択するだけなので、Excel(エクセル)の操作が苦手な人でも操作が簡単

などなど、作業の効率化を図ることができます。

 

Excelでプルダウンリストを設定する2つの方法

エクセルでプルダウンリストを設定する2つの方法を紹介します。

  1. リストの元となるエータを、先に作成してからプルダウンリストを設定する方法
  2. リストに元の値を直接入力してプルダウンリストを設定する方法

 

①リストの元になるデータを作成してからプルダウンリストを作成する方法

①リストに表示させるための元になるデータを作成します

 

②次の操作をします

  1. プルダウンリストを設定したいシートを開きます
    (※同じシート内の場合は、②の操作をします)
  2. 「データ」タブをクリックします
  3. プルダウンリストを設定したい範囲を選択します
  4. 「データの入力規則」をクリックします
  5. 表示されたメニューの「データの入力規則」をクリックします

 

③入力値の種類を「リスト」にし、元の値にカーソルを表示させます

 

④次の操作をします

  1. 元になるデータのシートを開きます
    (※同じシート内の場合は、②の操作をします)
  2. プルダウンリストに表示させたいデータを選択します
  3. 「OK」をクリックします

 

⑤プルダウンリストが設定されます

 

②リストに元の値を直接入力してプルダウンリストを設定する方法

①次の操作をします

  1. 「データ」タブをクリックします
  2. プルダウンリストを設定したい範囲を選択します
  3. 「データの入力規則」をクリックします
  4. 表示されたメニューの「データの入力規則」をクリックします

 

②入力値の種類を「リスト」にし、元の値に直接データを入力し、「OK」をクリックします

直接入力するときには注意が必要!

表示させたいリストの間には、半角のカンマを入力します。

半角のカンマ以外で入力をするとリストが表示されません

 

③プルダウンリストが設定されます

 

Excelで作成したプルダウンリストの設定を解除する方法

プルダウンリストの設定を解除したいときには

  1. 解除したい範囲を選択します
  2. 「データの入力規則」を開きます
  3. 「すべてクリア」をクリックします
  4. 「OK」をクリックします

以上の方法で設定を解除することができます。

 

まとめ

エクセルでプルダウンリストを設定する2つの方法と、プルダウン解除方法をお伝えしてきました。

今回お伝えしてきた内容
  • エクセルのプルダウンリストとは
  • リストの元になるデータを作成してからプルダウンリストを設定する方法
  • リストの元の値を直接入力してプルダウンリストを設定する方法
  • プルダウンリストを解除する方法

やり方さえ分かれば、案外簡単に設定することができます。

ぜひ自分で作成してみてくださいね。

 

ABOUT ME
ちあき
初心者さん向けパソコンインストラクターをしています。パソコン初心者さんから直接聞いた、パソコンの身近なわからない等をお伝えしています。