【4月19日9:00-22日23:59まで】AmazonスマイルSALE>>CHECK!

【Excel】印刷範囲を簡単にA4サイズに収める2つの方法

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

  • 表を作ったけどA4サイズに収まらない
  • A4サイズに収まってはいるけど中身が小さくて印刷すると見づらい

エクセルで表やグラフを作ったときによくある困ったですよね。

下記図では、1ページに収めて印刷したいのに4ページに分かれて印刷されてしまう状態になっています。

1ページに収めて印刷したいのに4ページに分かれて印刷されてしまう状態

このよう困ったはよくあるのですが、実はエクセルでは簡単にA4サイズに収めることができます。

そこで本記事では、エクセルで印刷範囲を簡単にA4サイズに収める2つの方法を紹介します。

目次

エクセルで印刷範囲を簡単にA4サイズに収める2つの方法

エクセルで印刷範囲を簡単にA4サイズに収める2つの方法を紹介します。

A4サイズに収める2つの方法
  • 印刷画面の「シートを1ページに印刷」でA4サイズに収める
  • 「改ページ」でA4サイズに収める

次よりそれぞれのやり方を解説していきます。

印刷画面の「シートを1ページに印刷」でA4サイズに収める

まずは、印刷プレビュー画面から修正することができる「シートを1ページに印刷」に設定する方法を解説していきます。

ちあき

印刷プレビュー画面から、A4サイズに収まるように縮小するやり方です。

 

「シートを1ページに印刷」は以下の手順で行います。

①印刷プレビュー画面で「拡大縮小なし」をクリックします。

印刷プレビュー画面で「拡大縮小なし」をクリックします。

②表示されたメニューの中の 「シートを1ページに印刷」 をクリックします。

表示されたメニューの中の 「シートを1ページに印刷」 をクリックします。

③データが縮小され1ページに収まります。

データが縮小され1ページに収まります。

「改ページ」でA4サイズに収める

印刷プレビューで表示を確認する前に用紙に収めることができる「改ページ」の設定方法を解説します。

エクセルで印刷するときには「改ページ」を使うのが一般的なので覚えておくと便利です。

 

①画面右下の「改ページプレビュー」をクリックします。

②このまま印刷すると2ページに分かれてしまうことが確認されます。
そこで、青い点線を右にドラッグします。

青い点線を右にドラッグ

③「標準」をクリックすると元の画面に戻ります。

「標準」をクリックすると元の画面に戻ります。

④標準画面で見ても点線が移動して1ページに収まっていることが確認できます。

標準画面で見ても点線が移動して1ページに収まっていることが確認できます。

⑤印刷画面でも1ページに収まっています。

印刷画面でも1ページに収まっています。

グラフを表の下に配置するときには、上にある表より気持ち小さく内側に調整しておくことがこつです。
もしも表よりグラフの方が少しでも大きいと、改ページで設定しても印刷画面でズレてしまうことがあります。

エクセルで印刷が左に寄るときは

おかっぱちゃん

1ページに収まったけど中心がズレてるようなきがする

用紙の中心に収めたいときには「ページ設定」から設定を変更すると、きれいに用紙の中心に合わせることができます。

 

「ページ設定」をクリックします。

「ページ設定」をクリックします。

「余白」タブをクリックし、「水平」→「OK」とすすみます。

「余白」タブをクリックし、「水平」→「OK」とすすみます。

③用紙の中央にデータが表示されます。

おわりに

エクセルで印刷範囲を簡単にA4サイズに収める2つの方法を解説してきました。

A4サイズに収める2つの方法
  • 印刷画面の「シートを1ページに印刷」でA4サイズに収める
  • 「改ページ」でA4サイズに収める

エクセルをよく使う場合は「改ページ」でサイズ調整することの方が一般的です。

細かい設定でなければですが、エクセルの用紙設定は簡単です。

ぜひお試し下さい。

手元に1冊おすすめ本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次