エクセル

エクセルを全画面表示にする方法と戻し方|全画面表示ボタンをリボンに追加する方法【Windows】

「エクセルを開いたら表示が画面いっぱいの大きさになっていて、操作ができなくて困っています」

という相談がありました。

この方は、知らないうちにお子さんにどこかを触られてしまったとのことで、意図せず全画面表示になってしまい困っていました。

このような事例も時々ありますが、一般的にエクセルの表示画面を、リボン非表示で全画面にして作業をしたいときがあります。

Excel2013以降、リボンから全画面表示にできるボタンがなくなってしまい、全画面にしたいのにできなくて困ることもあるようです。

 

そこで今回は、

エクセルを全画面表示にする方法と戻し方について、また、全画面表示ボタンをリボンに追加する方法をお伝えしていきます。

 

エクセルシートを全画面表示にする方法

Excel2013以降、全画面表示に設定するボタンがなくなってしまいましたが、全画面にできなくなったわけではありません。

ショートカットキーを使うことで、全画面表示に切り替えることができます。

 

①キーボードの【Windows】キー +【Alt】+【V】を同時に押します。

全画面表示ショートカット

 

②officeのアクセスキー:Alt,Vの表示がされますので、続いてキーボードの【U】を押します。

オフィスのアクセスキー表示 キーボードU

 

③全画面表示になります。

Excel標準表示から全画面表示
全画面表示になると、リボンが非表示になります。

 

全画面表示を元の標準画面に戻す方法

全画面表示を元に戻すのはすごく簡単です!

  • 全画面表示になったシートの画面上の余白部分をダブルクリックする。
Excel全画面表示余白部分

 

  • キーボードの【Esc】キーを押す。
エスケープキー

いずれかの方法で元の標準画面に戻すことができます。

 

全画面表示ボタンをリボンに追加する方法

全画面表示のボタンをリボンに追加することもできます。

ショートカットキーは忘れてしまうという方は、リボンにボタンで表示してあるる方が使いやすいかもしれません。

 

リボンの上にマウスを重ね右クリックをします。
※リボンの上なら位置はどこでもOKです!

リボンの上で右クリック

 

「リボンのユーザー設定」をクリックします。

メニュー表示からリボンのユーザー設定

 

③「表示」タブに、新しく「全画面表示」グループを設定します。

リボンのユーザー設定順序
  1. 「リボンにないコマンド」を選択します
  2. 右側ボックスの「ブックの表示」をクリックします
    ※ブックの表示グループの隣に新しいグループを作成するため
  3. 「新しいグループ」をクリックします
    ※「新しいグループ」をクリックすると、「ブックの表示」の下に新しいグループが作成されます
  4. 「名前の変更」をクリックし、変更したい名前を入力します
    ※ここでは「全画面表示」という名前をつけています
  5. 左側ボックスから「全画面表示の切り替え」をクリックします
    ※アイコン名は機種によって異なる場合があります
  6. 「追加」をクリックします
  7. 「OK」をクリックします

 

④「全画面表示」のボタンが表示されます。

リボンに全画面表示のボタン

 

まとめ

エクセルを全画面表示にする方法と戻し方について、また、全画面表示ボタンをリボンに追加する方法をお伝えしてきました。

●ショートカットキーで全画面表示
【Windows】キー +【Alt】+【V】+【U】

●元に戻すには
「画面上の余白をダブルクリック」または【Esc】キーを押す

●全画面表示ボタンをリボンに追加することもできる

参考にしてみてくださいね。