MENU
関連メディア

『地方公務員を目指している人』や『役所の手続きに困っている人』の参考になる情報をお届けしています♪

『地方公務員コラム』『転職・資格情報』『暮らしの手続き』などを中心にゆるゆると発信中
地方公務員関連記事では、おもに市役所職員を目指いている人の参考になる記事
を投稿しています^^

▶▶トラブル解決や操作でわからないを相談できるおすすめサポートサービスcheck

【コピーと切り取りの違い】コピペの意味と3つの操作方法 |切り取り貼り付け3つの操作方法

はてなカエル

コピーと切り取りの違い、コピペの意味と3つの操作方法について。そして、切り取り・貼り付けの3つの操作方法についてを合わせてお伝えしています。

パソコンを使っていると、たくさんの分からない言葉を耳にするかと思います。

そんな中でもよく耳にする言葉「コピペ」の意味と3つの操作方法を解説しています。

また、「コピペ」と似ている操作である「切り取り」「貼り付け」との違いと操作方法についてもお伝えしていきます。

この記事でわかること
  • コピペの意味
  • コピペができる3つの操作方法
  • コピーと切り取りの違い
  • 切り取り・貼り付けができる3つの操作方法
目次

「コピペ」の意味

おかっぱちゃん

そもそも「コピペ」ってなに?

コピペとは
  • 「コピペ」とは、「コピー&ペースト」の略
  • コピーは複写、ペーストは貼り付けるという意味
  • コピー(複写)して、別の場所にペースト(貼り付ける)操作のこと

「コピペ」とは、「コピー&ペースト」の略で、以下のような意味になります。

  • 「コピー = 複写する」
  • 「ペースト = 貼り付ける」

文書作成をしたことがある方なら、すでにこの操作をしたことがあるかもしれません。

コピー・貼り付けの操作のこと、これを略して「コピペ」といいます。

コピペができる3つの操作方法

「コピペ」の操作方法、今回は3つの操作方法をお伝えします。

  1. リボンの機能でコピペする方法
  2. 右クリックでコピペする方法
  3. ショートカットキーでコピペする方法

①リボンの機能でコピペする方法

今回はWord文書作成を想定して、リボンの機能を使って「コピペ」をしていきます。

リボンの機能を使う方法は、操作の基本になります。

おかっぱちゃん

えっ?「リボン」ってなに?

「リボン」とは、下記図の赤い枠で囲まれた部分のことです。リボン半分

このリボンの中の、「コピー」「貼り付け」の機能を使って「コピペ」をしていきます。

コピー貼り付け

①下記文書ファイルの赤枠部分、○月○日を、実施日の右側に「コピペ」します。

リボンからのコピペ

②コピーしたい部分を範囲選択します。

範囲選択

「コピー」をクリックします。

コピー

④次に、貼り付けたい場所をクリックします。

貼り付け場所の選択

「貼り付け」をクリックします。

貼り付け

⑥実施日の右側に同じ日付が複写され、「コピペ」が完了しました。

コピペ完了

②右クリックでコピペする方法

先程の文書を使って、今度は右クリック操作で「コピペ」をしていきます。

リボンのどこにどの機能があるのか分からない場合には、右クリックでの操作がおすすめです。

 

①下記文書ファイルの赤枠部分、○月○日を、実施日の右側に「コピペ」します。

リボンからのコピペ

②コピーしたい部分を範囲選択します。

範囲選択

範囲選択をした部分にマウスでポイントし、右クリックをします。

右クリックコピーと手

④メニューが出るので、その中から「コピー」をクリックします。

右クリックコピー

貼り付けたい場所の上で右クリックをし、開いたメニューの中から「貼り付け」をクリックします。

右クリック貼り付け

⑥実施日の右側に同じ日付が複写され、「コピペ」が完了しました。

コピペ完了

右クリックでの「コピペ」は、文書作成以外でも使える場面がたくさんあります。
右クリックでの操作を覚えておくと、困ったときにはとても便利になります。
困った時の右クリックと覚えておきましょう!

③ショートカットキーでコピペする方法

キーボードのショートカットキーを使って「コピペ」の操作をすることもできます。

マウスをあまり使わずに操作したい時にはとても便利な操作方法になります。

  • 「Ctrl+C」=「コピー」
  • 「Ctrl+V」=「貼り付け」

①下記文書ファイルの赤枠部分、○月○日を、実施日の右側に「コピペ」します。

リボンからのコピペ

②コピーしたい部分を範囲選択します。

範囲選択

③キーボードのCtrlCを同時に押します。
(目には見えませんが、この操作でコピーができています)

ショートカットコピー

④次に、貼り付けたい場所をクリックします。
(キーボードのやじるしキーで移動してもOKです)

貼り付け場所の選択

⑤キーボードのCtrlVを同時に押します。
(この操作で貼り付けができます)

ショートカット貼り付け

⑥実施日の右側に同じ日付が複写され、「コピペ」が完了しました。

コピペ完了
おかっぱちゃん

「Ctrl+C」「Ctrl+V」を同時に押すがうまくできないんですが、タイミングはあるんですか?

ちあき

押すタイミングは、先に「Ctrl」を押して押した指を放さずに、別の指で「C」または「V」を押すと、同時にうまく押すことができます。

「コピー」と「切り取り」の違い

「コピー」と似た操作で、「切り取り」という操作があります。

操作方法は似ていますが、使い方が全く違います。

コピー複写する(同じものを増やす)操作
切り取り移動する操作

「コピー」は選択した文字列などを「複製するとき(増やすとき)」に使う機能

コピペ完了

「切り取り」は選択した文字列などを「移動」するときに使う機能

「切り取り」「貼り付け」ができる3つの操作方法

「切り取り」「貼り付け」は、選択範囲を切り取って、別の場所に貼り付ける操作です。

「切り取り」は選択した文字列などを「移動」するときに使う機能で、切り取った文字列は別の場所に貼り付けて使います。

以下より、「切り取り」「貼り付け」の3つの操作方法をお伝えしていきます。

  1. リボンの機能で「切り取り」「貼り付け」をする方法
  2. 右クリックで「切り取り」「貼り付け」をする方法
  3. ショートカットキーで「切り取り」「貼り付け」をする方法

①リボンの機能で「切り取り」「貼り付け」をする方法

リボンの機能を使って「切り取り」「貼り付け」をしていきます。

リボンの機能を使う方法は、操作の基本になります。

①下記文書ファイルの赤枠部分、○月○日を、実施日の右側に「切り取り」「貼り付け」をします。

②切り取りたい(移動したい)部分を範囲選択します。

範囲選択

「切り取り」をクリックします。

④次に、貼り付けたい場所をクリックします。

貼り付け場所の選択

「貼り付け」をクリックします。

貼り付け

⑥実施日の右側に同じ日付が移動され、選択した部分は消えてしまいました。

②右クリックで「切り取り」「貼り付け」をする方法

先程の文書を使って、今度は右クリック操作で「切り取り」「貼り付け」をしていきます。

リボンのどこにどの機能があるのか分からない場合には、右クリックでの操作がおすすめです。

①下記文書ファイルの赤枠部分、○月○日を、実施日の右側に「切り取り」「貼り付け」します。

②切り取りたい(移動したい)部分を範囲選択します。

範囲選択

範囲選択をした部分にマウスでポイントし、右クリックをします。

右クリックコピーと手

④メニューが出るので、その中から「切り取り」をクリックします。

貼り付けたい場所の上で右クリックをし、開いたメニューの中から「貼り付け」をクリックします。

右クリック貼り付け

⑥実施日の右側に同じ日付が移動され、選択した部分は消えてしまいました。

③ショートカットキーで「切り取り」「貼り付け」をする方法

キーボードのショートカットキーを使って「切り取り」「貼り付け」の操作をすることもできます。

マウスをあまり使わずに操作したい時にはとても便利な操作方法になります。

「Ctrl+X」=「切り取り」

「Ctrl+V」=「貼り付け」

①下記文書ファイルの赤枠部分、○月○日を、実施日の右側に「切り取り」「貼り付け」をします。

②切り取りたい(移動したい)部分を範囲選択します。

範囲選択

③キーボードのCtrlXを同時に押します。
(目には見えませんが、この操作でコピーができています)

④次に、貼り付けたい場所をクリックします。
(キーボードのやじるしキーで移動してもOKです)

貼り付け場所の選択

⑤キーボードのCtrlVを同時に押します。
(この操作で貼り付けができます)

ショートカット貼り付け

⑥実施日の右側に同じ日付が移動され、選択した部分は消えてしまいました。

おかっぱちゃん

「Ctrl+X」「Ctrl+V」を同時に押すがうまくできないんですが、タイミングはあるんですか?

ちあき

押すタイミングは、先に「Ctrl」を押して押した指を放さずに、別の指で「X」または「V」を押すと、同時にうまく押すことができます。

まとめ

コピーと切り取りの違い、コピペの意味と3つの操作方法について。そして、切り取り・貼り付けの3つの操作方法についてを合わせてお伝えしてきました。

コピー複写する(同じものを増やす)操作
切り取り移動する操作

「コピー」も「切り取り」も操作方法は似ています。

でも内容は全く違っていますので、それぞれを理解して活用してみてくださいね。

目次
閉じる