まずは無料体験がおすすめ!私も絶賛愛用中。Audible>>CHECK!

【コピーと切り取りの違い】初心者向きに簡単解説!

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

「コピー」と「切り取り」はパソコンを操作する中でよく使う機能です。

2つの機能の操作方法は似ていますが、使い方が全く違います。

そこで今回は、コピーと切り取りの違いを、初心者でも分かるように簡単に解説していきます。

目次

「コピー」と「切り取り」の違い

「コピー」と「切り取り」を大きく分けると次のような違いがあります。

コピー複写するして同じものを増やす操作
切り取り今あるものを切り取って移動する操作

「コピー」と「切り取り」、それぞれについて解説していきます。

「コピー」は複写して同じものを増やす

「コピー」は選択した文字列などを「複製するとき(増やすとき)」に使う機能です。

 

例えば下図のように、〇月○日を複製して、別の場所に同じものを貼り付け(増やし)ます。

コピペ完了
ちあき

ここと、ここに、同じものを貼り付けたい。

このようなときには「コピー」の機能を使います。

「切り取り」は今あるものを切り取って移動する

「切り取り」は、今ここにある選択した文字列などを別の場所に「移動」するときに使う機能。

 

例えば下図のように、〇月○日を切り取って、別の場所に貼り付け(移動)します。

ちあき

ここにはもういらないから、ここに移動したい。

このようなときには「切り取り」の機能を使います。

まとめ

コピーと切り取りの違いを、初心者でも分かるように解説してきました。

コピー複写するして同じものを増やす操作
切り取り今あるものを切り取って移動する操作

「コピー」も「切り取り」も操作方法は似ています。

でも内容は全く違っていますので、それぞれを理解して活用してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次