インターネット

テザリングとは|Wi-Fiとは| インターネトを利用するための4つの接続方法

 

パソコンをインターネットに接続するときには、いくつかの接続方法があります。

自宅や外出先など、それぞれの場所でのインターネット接続方法を確認していきましょう。

 

今回は、

インターネトを利用するための「4つの接続方法」をご紹介していきます。

 

有線接続

パソコンにLANケーブルを接続してインターネットを使えるようにするのが、有線接続です。

モデムとパソコンを直接線でつないで使う方法です。

自宅等で、インターネットを利用する機器がパソコン1台だけの場合に適しています。

 

無線接続

LANケーブルを使わないで、電波によってインターネットにつなぐ方法が無線接続です。

「無線LAN = 線が無い」ということになります。

モデムに無線LANルーターをつなぎ、インターネットを使えるようにします。

最近では、置くだけ無線Wi-Fiなんてのもあります。

これは、回線工事不要で、コンセントにさすだけでWi-Fiが使えるようになります。

自宅等で、パソコン1台とスマートフォン3台など、複数台の通信端末を使う時に適しています。

 

公衆無線LAN

外出先の駅やカフェ・コンビニなどでインターネットに接続できる、公衆無線LANのサービスが利用できる場所があります。

FREE Wi-Fi・Wi-Fiスポット・無線LANスポットなどと明記されていて、特定のパスワードをパソコンやスマートフォンに入力すれば、外出先であっても快適にインターネットを使うことができます。

 

テザリング

スマートフォンやガラケーなどの通信端末は、3G・4G・LTEなどの通信回線でインターネットに接続しているため、外出先でも当たり前にインターネットを使うことができます。

しかし、パソコンを外出先で使いたい場合、当たり前にインターネットを使うことができなくなってしまいます。

そこで、スマートフォンの通信回線を使って、インターネットに接続をします。
それを、テザリングといいます。

つまり、スマートフォンを無線LANの代わりに活用するというわけです。

スマートフォンから電波をわけてもらう感じです。

外出先でパソコンからメールを送らなければならないときなど、テザリングを活用すれば、場所を選ばずにインターネットに接続できます。

テザリングを使うには、まずは自分のスマートフォンがテザリングに対応してるか確認します。

対応していたら、スマートフォン側でテザリングをオンにし、パソコン側で接続をします。
※接続方法は端末によって異なります

注意点としては、スマートフォンのデータ通信容量には上限があるので、あまり使いすぎるとスマートフォンの通信速度が制限されてしまう可能性があることです。

それと、有料オプションへの加入が必要な場合もあります。

緊急で、短い時間だけ使う場合なら、問題ないかと思います。

 

まとめ

インターネットが利用できるようになったばかりのころは、有線接続のみでした。

最近では、無線で接続する方法が普及し、かなり便利になってきました。

パソコンもインターネットに接続することを前提として作られていますので、無線接続がとても簡単になりました。

ここでは4つのインターネット接続方法をご紹介してきました。

  1. 有線接続
  2. 無線接続
  3. 公衆無線LAN
  4. テザリング

ご自宅では通信速度や料金面・住居環境などで、外出先では場所や状況などで、自分に都合がいい方法でインターネットに接続をするといいのではないかと思います。

モデム
Wi-Fiって何? モデムとルーターの違いは? 初心者でもわかるように違いを解説 自宅でインターネットをするとき、大抵は「モデム」と「ルーター」2台の機器でインターネットをつないでいます。 ...