転職・資格

職業訓練は 雇用保険に入ってない人でも大丈夫「求職者支援制度」月に10万円を貰いながら就活

 

雇用保険に加入しながら働いていた人が退職をした場合、失業保険の給付を受けながら次の就職先を探すことができます。

また、失業保険の給付を受けながら公共職業訓練を受講し、スキルアップを目指しながらながら次の就職先を探すこともできます。

しかし雇用保険に加入していない場合でも、10万円の受給を受けながら、職業訓練を受講しスキルアップを目指しつつ就職活動をすることが可能です。

 

そこで今回は、

雇用保険に加入していなくてもお金を貰いながら自分自身のスキルアップができ、かつ就職支援が受けられる制度「求職者支援制度」についてお伝えしてきます。

 

求職者支援制度とは

求職者支援制度とは

●雇用保険を受給できない求職者の方が対象の制度です

●雇用保険を受給できない求職者の方が、職業訓練を受ける代わりに、生活を支援するための給付金を受けることができます

●「職業訓練受講給付金」として、月に10万円と交通費や宿泊費が支給されます

自営業を廃業した方・学校を卒業したが就職していない方・専業主婦の方などは雇用保険に加入していませんので、失業保険の給付を受けることができません。

「求職者支援制度」は、このような失業保険の給付を受けることができない場合に対応してくれる制度です。

 

職業訓練とは

就職に役立つ技能や知識、そしてスキルを無料で実施する訓練です。
(※ただし、テキスト代等は自己負担になります)

 

雇用保険を受給できない求職者

雇用保険を受給できないおもな求職者

  • ・雇用保険に入っていなかった方
  • ・受給終了の方
  • ・専業主婦の方
  • ・自営業を廃業した方
  • ・片親の場合
  • ・学校終了後に働いたことがない方
  • ・生活保護の方
  • ・無職の方

また、雇用保険を受給できない求職者の方が対象となっていますが、雇用保険を受給している求職者の方の受講も可能です。

 

年齢制限はあるの?

もじゃくん
もじゃくん
何歳まで訓練への申し込みができるの?

 

職業訓練には年齢制限はありません!

60代で定年を迎えた方でも、就職したい意思があれば、年齢に関係なく訓練に参加することができます。

ただし、職業訓練の目的ははあくまでも就職です。

実際に、定年を迎えた後に職業訓練を受講する方も少なくはありません。

年齢制限はありませんが、働く目的を持ってしっかりと訓練を受けなければなりません。

 

月に10万円の給付が受けられる条件

以下のすべての条件を満たしている場合に限り、月10万円の職業訓練受講手当を受けられます。

  1. 本人の収入が月に8万円以下であること
  2. 世帯全体の収入が月に25万円以下であること
  3. 世帯全体の金融資産(預金など)が300万円以下であること
  4. 現在住んでいるところ以外に土地・建物などを所有していない
  5. 訓練の実施日にはすべて参加している
    (やむを得ない理由がある場合でも、支給単位期間ごとに8割以上の出席率があること)
  6. 世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない
  7. 過去3年以内に特定の給付金の不正受給をしていない

 

その他に支給される手当としては、

  • ・通所手当(交通費)
  • ・該当者のみ寄宿手当(月額10,700円)

を受けることができます。

寄宿手当とは
家族と別居して訓練を受ける場合に発生する手当です。
例えば、実際は東北に住んでいるが、関東の訓練に参加する場合などです。

 

「求職者支援制度」は、やむを得ない理由を除き一度でも訓練を欠席(遅刻・欠課・早退を含む)をしたり、ハローワークの就職支援(訓練修了後の就職支援を含む)を拒否すると、「職業訓練受講給付金」は支給されません。

欠席や就職支援の拒否を繰り返した場合、ハローワークから支援指示が取り消され訓練受講の継続ができなくなります。

またルールを守れない場合は、給付金の返還命令等が行われることもあります。

 

訓練期間とおもな訓練コース

訓練期間

  • ・基礎コースは2~4カ月
  • ・実践コースは3~6カ月
  • ・学校と同じように、祝日を除く(月)~(金)毎日授業を受けなくてはならない
  • ・授業時間は大体ではありますが、概ね9:00~14:00程度(休憩時間を除く)

 

おもな訓練コース

  • ・ビジネスパソコン基礎
  • ・OA事務、会計、経理、総務 など
  • ・医療事務、調剤薬局事務 など
  • ・介護サービス 、介護職員初任者研修 など
  • ・グラフィックデザイン、Webクリエイター など
  • ・CAD/CAM技術、テクニカルオペレーション など
  • ・電気設備技術、制御技術 など
  • ・ビル管理技術、住宅リフォーム技術 など

 

訓練を受けたあとは、1年間は他の訓練を受講することはできません。

再度受けたい訓練がある場合には、訓練修了日より1年間空ける必要があります

連続で受講することはできませんので、訓練は慎重に選びましょう。

 

おすすめなコース

職業訓練は地域や時期によって、実施されている内容も異なると思われますが、その中でも

  • パソコン基礎コース」
  • 「介護福祉系のコース」

はどの地域でも多く実施されているようです。

 

職業訓練に年齢制限がないことを考えた上でおすすめなのは、やはりパソコン関係のコースは就職に役立つコースとしてはおすすめかと思います。

というのも、どの職場でも今時は多少のパソコン操作をすることが多いと思われるからです。

 

もう一つは、やはり介護福祉系のコースがおすすめといえるでしょう。

介護福祉系のコースは、特に40代以降の年代にはハローワークの方でも訓練受講を勧めてきます。

確かに、この先介護福祉系の需要は増えてくるでしょうし、長く働ける職業だといえるでしょう。

介護福祉系のコースでは、資格取得も可能なものが多いようです。

 

受講のメリットとデメリット

 

メリット

・お金を貰いながら就職活動ができる

・無料で技能を身につけることができる

・将来のことを考える時間が持てる

・欠席・遅刻・早退が許されない環境で、規則正しい習慣が身につく

 

デメリット

・受給金額が10万円なので、それで生活ができるほど多くはない

・欠席・遅刻・早退に厳しい

・雇用保険受給者が受給している場合でも失業保険が延長されない

 

どうしても生活が厳しい場合を除き、メリットの方が大きいといえるでしょう。

そもそも職業訓練は、真剣に求職する意思のある方が参加するものなので、サボることはありえません。

何かを身につけることに無駄なことはないので、もし機会があれば訓練を受講することも選択肢の一つにしてほしいと思います。

 

申し込み方法と手続きの流れ

 

お近くのハローワークで求職申込みを行い、求職者支援制度について聞いてください。

適切な訓練コースを選び、受講申込書などの必要書類を受け取ります。

受講申込みの手続きと、給付金の事前審査を申請します。

ハローワークで受付印を押印した受講申込書を、自分で訓練実施機関に提出します。

訓練実施機関による面接・筆記試験を受けます。

合格通知が届いたらハローワークに行き、職業訓練を受けるための支援指示を受けます。

訓練受講が始まります
原則として月に1回、ハローワークが指定する日(指定来所日)にハローワークに行き、職業相談と給付金の支給申請を行います。

 

詳しくはお近くのハローワークで確認することをおすすめします。

 

おわりに

雇用保険に加入していなくてもお金を貰いながら自分自身のスキルアップができ、かつ就職支援が受けられる制度「求職者支援制度」についてお伝えしてきました。

実際に、わたし自身も過去に2回ほどこの「求職者支援制度」で訓練を受けたことがあり、訓練を受けて良かったとも思っています。

10万円なので、生活するにはちょっと少ない額ではあります。

ですが、

「お金を払って技能を身につける」

ではなく

「お金を貰って技能を身につける」

ことができるなら、チャンスなのかもしれませんね。

職業訓練とは|どんな訓練があるの?|転職前の職業訓練でパソコンのスキルUPを目指す! 仕事を辞めたいと思ったことがある方は多いと思います。 そしてもし辞められたとしても、「辞めた後はどうしよう...