転職・資格

サーティファイ検定エクセル【1級】の難易度と勉強方法についてお伝えします

サーティファイ1級

サーティファイExcel(エクセル)認定試験には 1級~3級がありますが、最も上級者といえるのが 1級取得者です!

3級から順番に取得することも可能ですが、Excel(エクセル)が好きで自信があるという方なら、ぜひ1級取得を目指してほしいと思います。

サーティファイ検定エクセル |難易度・勉強方法・結果についてなどを詳しく解説 サーティファイ認定試験をご存知でしょうか? 当ブログ内で、パソコンの資格取得にオススメな試験をご紹介していますが、比較的挑...

 

そこで今回は、

サーティファイExcel試験1級の難易度と勉強方法について詳しくお伝えしていきます!

 

1級の難易度と出題内容

1級は選択式の知識試験も試験内容に含まれます。

1級(上級レベル) 
所要時間1時間45分
選択式知識試験15分実技試験90分

 

出題範囲は2級とほぼ変わらないものの、難易度はかなり上がるといえます。

知識問題は2級と同様で、文章で問われると難しく感じます。

ですが、知識・実技ともに2級で突然の濃い内容になっている分、2級の勉強をしていた後の1級であれば、もう一息頑張ることで取得可能になります。

 

主な出題内容

出題される内容は1級の内容になります。
(※一部、2級知識問題で出題される内容も含まれています)

ウインドウウインドウを並べて比較できる
条件付き書式新しいルールの設定ができる
データ編集ジャンプの設定ができる
計算●セルやセル範囲に名前を、定義し数式で使用できる
●再計算実行、シート再計算などの計算方法の設定ができる
関数●(数学/三角)
ABS・INT・TRUNC・MOD・SUMIF・SUMIFS
●(日付/時刻)
DATE・TODAY・NOW・WEEKDAY
●(文字列操作)
MID・TEXT・REPT・LEFT・RIGHT・LEN・SEARCH
●(情報)
ISBLANK・PHONETIC
●(統計)
LARGE・SMALL・AVERAGEIF・COUNTIF・AVERAGEIFS・COUNTIFS
●(検索/行列)
INDEX・CHOOSE・VLOOKUPHLOOKUP
●(論理)
IFERROR
グラフの作成・変更●ツリーマップ・ヒストグラムなどのグラフの挿入と種類の変更ができる
●近似曲線・ローソク・誤差範囲などのデータの分析ができる
オブジェクトSmartArt の挿入ができる
データベースピポットテーブルのタイムライン機能が使える
リンクハイパーリンクの設定ができる
分析データテーブル・予測シート・ソルバー機能が使える
共有と保護ブックの共有設定ができる

 

ここで書いた内容は、1級になると出題される主な内容です。

2級でたくさんのことを学習する分 1級はちょい足し程度といえますが、3級と2級の内容が理解できていればこその、ちょい足しといえるかもしれません。

黄色に塗りつぶした部分が、実技で出題されやすい内容部分です。

1級は、2級や3級で使う関数や、2級の知識問題で出題された内容が実技で出題されることもあります。

ちめも
ちめも
2級を取得したなら、せっかくなので1級も取得してもらいたい!

 

出題手順

サーティファイExcel1級の出題手順は、まずはじめに知識問題から始まり、設定に基づき表計算処理をを行いながら問題を完成させていく手順になっています。

  1. 15分以内に15問程度の知識問題を回答します。
  2. 指示通りに表を作成し、テーブルスタイルや表示形式・書式などを設定し表の見た目も整え、指示通りの形式で保存をします。
  3. ②で作成した内容に計算式を設定したり、入力規則や条件付き書式、集計などを作成します。
  4. ピポットテーブルの作成や、マクロボタンの作成や登録などをします。
  5. 指示通りにグラフを作成したり、SmartArtの挿入などをします。
  6. 指示通りに、ソルバー機能を使用して計算をします。

出題内容は異なりますが、どんな内容の問題であってもだいたいこの手順で進めていきます。

勉強方法についてはこのあと解説していますが、出題傾向が同じなので、問題集をきちんと勉強することが大切です。

2級や3級で出題される内容は、当たり前に出題されます。

また1級の問題では、ソルバー機能を問題の最後に出題する傾向があます。

勉強方法

勉強方法には、独自で勉強する方法と、パソコン教室などで勉強する方法があります。

パソコン初心者の方はパソコン教室で勉強をすることが望ましいと思います。

 

ここでは、独自に勉強するための勉強方法をお伝えしていきます。

 

まずはサンプル問題を受けるのがおすすめ!

サーティファイでは、級種別・バージョン別に、サンプル問題と正答が用意されています。

 

サンプル問題は、本試験と同じ受験プログラム形式で使用できますので、まずはサンプル問題を実施することで、自分の実力を知ることができます。

 

  1. 1級の「受験プログラムの使い方(PDF)」をダウンロードし内容をご確認する。
  2. 1級の「サンプル問題 受験プログラム(ZIP形式)」をダウンロードし、模擬試験を実行します。
    ※ダウンロードしたZIPファイルは解凍してからご使用ください。
  3. 1級の「実施試験正当例(ZIP形式)」「実施試験採点シート(PDF)」「知識試験正当と配点(PDF)」をダウンロードして自分で採点をする。
    ※ダウンロードしたZIPファイルは解凍してからご使用ください。
    ※「知識試験正当と配点(PDF)」は、知識試験のある1・2級のみダウンロード可能です。

試験を受ける以上、”ダウンロード””ファイルの解凍”などはできて当然の操作だと思ってください。

ちめも
ちめも
サンプル問題は無料で実施することができるので、ぜひ活用しましょう!

 

独自に勉強するための学習教材

独自に学習するためには、教材本を購入して学習するのが望ましいでしょう。

教材本は、「サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会の”問題集”がおすすめです。

購入は、店頭で探すよりサーティファイ公式ページから購入する方が確実に入手できます。

クリックでサーティファイ認定試験問題集ページへジャンプします

ちめも
ちめも
問題集とテキスト、どちらかを購入するなら、問題集を購入することをおすすめします

 

サーティファイ公式ページの問題集・テキストぺーじより、自分が学習したい問題集の「購入する(個人の方)」をクリックし、購入手続きに進みます。

購入手続きの途中で、ユーザー登録確認画面がありますが、ユーザー登録をしなくても購入をすることは可能です。

あとはネットショッピングをする方法と同じで、指示に従って購入手続きをしていきます。

 

問題集は、練習問題および本試験と同形式の模擬試験問題で構成されています。

練習問題・模擬試験問題ともに、丁寧に解説されていますので、分からないところやできないところも見直すことで解決につながります。

また、購入した問題集が2019の場合は、練習問題と模擬問題がダウンロードできるコードがついてきます。

問題集を購入したら、早速ダウンロードをして活用しましょう!

ほかの級をとばして、1級だけを取得したいときには、とにかくこの問題集を何度も繰り返し学習することをおすすめします。

ほかのいろいろなテストと同様、繰り返すことで傾向と対策を身につけることができます。

 

問題集の勉強方法

問題集では

  1. テーマ別知識練習問題6問(時間制限なし)
  2. 実技練習問題3問(時間制限なし)
  3. 模擬問題3問(時間制限なし)
  4. 模擬試験3問(時間制限あり)

ができるようになっています。

いずれも、①~③には解答と少しの解説がついています。

③と④の問題内容は同じです。

 

①テーマ別知識問題をすべて学習することをおすすめします。
(練習問題が多いですが、どの内容が出題されるわからないためすべて学習することが好ましいです)
②まずは、時間制限なしの練習問題をやってみましょう。
③練習問題だけでは自信がない場合には、時間制限なしで模擬問題をやってみましょう。
(もし、練習問題で自信がついた場合には、模擬問題はとばしてもOKでしょう)
模擬試験は必ず実施しましょう!
模擬試験は実際の試験と同じ画面で、時間制限付きで実施をします。
サーティファイの試験画面はちょっと独特なので、画面に慣れるためにも模擬試験の実施は必須です!
模擬試験で高得点が取れるようになれば、実際の試験を受ける目安になります。

 

採点は必ずしましょう!

サーティファイは採点をするまで、どのくらい得点を獲得しているか分かりません。

面倒ではありますが、採点は自分で必ずしてください。

採点をすることで、どの問題の得点率が高いかも分かるようになり、効率も上がります!

 

まとめ

サーティファイExcel試験1級の難易度と勉強方法について詳しくお伝えしてきました。

①難易度●1級 → 2級よりレベルアップはするものの、2級の勉強をしていれば、あと一息の勉強で挑戦可能
②勉強方法●全くの初心者ならパソコン教室等を利用する方が確実
●まずはサンプル問題の実施 ← 無料
●独自に学習するなら、サーティファイ公式問題集がおすすめ
③問題集サーティファイ公式ページより購入可能

参考になれば幸いです。

サーティファイのワードを受験するには |1級から3級までの難易度と勉強方法について詳しく解説します! 転職・就職に有利なパソコンの試験では、Word(ワード)/Excel(エクセル)がおすすめです。 http...
サーティファイのパワーポイントを受験するには |初級と上級の難易度と勉強方法について詳しく解説します! 転職・就職に有利なパソコンの試験では、Word(ワード)/Excel(エクセル)がおすすめではありますが...