MENU
関連メディア

『地方公務員を目指している人』や『役所の手続きに困っている人』の参考になる情報をお届けしています♪

『地方公務員コラム』『転職・資格情報』『暮らしの手続き』などを中心にゆるゆると発信中
地方公務員関連記事では、おもに市役所職員を目指いている人の参考になる記事
を投稿しています^^

当サイトも利用!初心者でも安心【エックスサーバー】▶

【Word】書式設定|ワードで文字(フォント)編集ができるボタンの場所と使い方を解説

フォントグループアイキャッチ画像

文字の色・書体・サイズなど 文字編集のための機能と使い方を詳しくお伝えします。

入力した文字は、色やサイズを変更したり、読みにくい漢字にふりがなをつけたりと、文字を編集することで見栄えの良い文書を作成することができます。

  • 「文字を大きくしたいんだけど?」
  • 「書体を変更するにはどうしたらいいの?」
  • 「文字の色を変えたいんだけど? 」

文書作成時のこんな疑問に答えられるよう、どのボタンを押せば変更できるかが分かるように解説しています。

この記事を読むと、ワードで文字を編集するためのボタンの場所と、それぞれの機能の使い方がわかります。

目次

Wordで文字の編集ができるボタンの場所

パソコンでは文字のことを「フォント」といいます。

フォントの編集をするには、「ホーム」タブの「フォント」グループで操作をします。

フォントグループ

「フォント」グループは、文字を装飾・編集する機能が集まったグループということになります。

また、入力した文字に編集を加えることを「書式を設定する」という言い方をします。

下記より、「フォント」グループ内の書式設定をするための各ボタンの名称と、機能について解説していきます。

初心者ならここだけ知っていれば大丈夫!

初心者の方が、はじめからたくさん覚えようとすると大変!

とりあえず、ここだけ知っていればそれなりの文書が作れるという機能をまとめました。

とりあえず最低限知っていればいいところだけ知りたい人は、下記ページを参考にして下さい。

Wordで文字(フォント)の書体を変更したい

「フォント」で、選択した文字列の書体を変更することができます。

フォント

フォントの「▼」をクリックすると、たくさんの書体が表示されます。

ワード書体
フォント例

Wordで文字(フォント)のサイズを変更したい

「フォントサイズ」 と「 フォントサイズの拡大・縮小」で、選択した文字列の大きさを変更することができます。

フォントサイズ

●フォントサイズ
選択した文字列のサイズを変更します。

フォントサイズ

●フォントサイズの拡大
1回クリックするごとに、選択した文字列のサイズが大きくなります。

●フォントサイズの縮小
1回クリックするごとに、選択した文字列のサイズが小さくなります。

Wordで文字(フォント)の種類を変更するボタン

「文字種の変更」では、選択した文字列の種類を変更することができます。

文字種の変換

普段あまり使うことはないかもしれませんが「このようなことができるよ」という程度に知っていてほしいと思います。

文字種の変換例

Wordで設定したすべての書式を元に戻したい

「すべての書式をクリア」で、設定したすべての書式を、設定前の状態に戻します。

すべての書式をクリア

書式をクリアしたい(元に戻したい)文字列を選択し、「すべての書式をクリア」をクリックすると、選択した文字列が設定前の状態に戻ります。

例えば、テンプレートなどをダウンロードしたときに、すでに書式が設定せれていて変更がしずらいときがあります。

そんなときは「すべての書式をクリア」をつかえば設定前の状態に戻り、新たに設定をし直すことができます。

Wordでフリガナを表示したい

「ルビ」では、選択した文字列の上ににふりがなを表示することができます。

ルビ

読めない漢字や読みにくい地名、また読みにくい人名など、ふりがなを表示させることで意図した読み方にすることができます。

ルビ例

Wordで文字列を枠線で囲みたい

「囲み線」で、選択した文字列を線で囲むことができます。

囲み線
囲み線例

Wordで文字(フォント)を太くしたい

「太字」で、選択した文字列を太字にすることができます。

太字
太字例

Wordで文字(フォント)を斜めに表示したい

「斜体」で、選択した文字列を斜めに表示することができます。

斜体
斜体例

Wordで文字(フォント)の下に線をつけて強調したい

「下線」で、選択した文字列に下線を表示して強調することができます。

下線
下線例

下線は「▼」をクリックすることで、「線の種類」と「線の色」を変更することができます。

下線
  1. 「文字列」を選択
  2. 「線の種類」をクリック
  3. 「線の色」をクリック

この順番で下線の種類の変更をします。

下線例

Wordで文字(フォント)に取り消しの線を表示したい

「取り消し線」では、一本線の取り消し線を表示することができます。

取り消し線

手書きで間違えたときに、間違えた文字の上から横棒を”ピッ”と引きますよね。
そんな感じで、一本線の取り消し線が表示されます。
※二本線の取り消し線もありますが、別の場所にあります。

取り消し線例

Wordで文字(フォント)を下や上に小さく表示させたい

「下付き」 と「 上付き」では、文字を下や上に小さく表示することができます。

下付き上付き

●下付き
選択した文字列を、小さく下に表示します。

下付き例

●上付き
選択した文字列を、小さく上に表示します。

上付き例

Wordで文字(フォント)に影などの効果をつけたい

「文字の効果と体裁」では、選択した文字列に影や光彩などをつけてるなどの効果をつけて、文字を引き立たせることができます。

文字の効果と体
文字の効果

Wordで蛍光ペンで色をつけたようにしたい

「蛍光ペンの色」で、選択した文字列に蛍光ペンでひいたような明るい色を付けて、文字を目立たせることができます。

蛍光ペンの色

文字列を選択してから、つけたい色をクリックすることで色がつきます。

蛍光ペンの色例

Wordで文字(フォント)の色を変更したい

「フォントの色」で、選択した文字列の色を変更することができます。

フォントの色
フォントの色例

Wordで文字(フォント)に網かけをつけたい

「文字の網かけ」で、選択した文字列に、薄い灰色で背景を塗りつぶしたような網掛けをつけることができます。
※この機能では色は選べませんが、その他の方法で塗りつぶしの設定をすることはできます。

文字の網かけ
文字の網かけ例

Wordで〇や□で文字(フォント)を囲みたい

「囲い文字」で、選択した文字を、○や□で囲むことができます。

囲い文字改

全角1文字・半角2文字

囲い文字例

おわりに

文字の色・書体・サイズなど 文字編集のための機能と使い方を詳しくお伝えしてきました。

ずらりと並んだ編集ボタンですが、実際の使い方が分からないボタンもあるのではないでしょうか。

触って試してみないと分からないのが当たり前です。

ものは試しということで、どんどん触って試して、そして活用してみてくださいね。

目次